季節の変わり目  寒暖差と自律神経

ひと雨ごとに暖かくなるといいますが、今日は特別に寒いですね。
春というと暖かで穏やかなイメージですが、
一日毎に、朝夕と日中など短い時間の気温や気圧の変化が大きいため、
自律神経が寒暖差に対応出来ずに身体も混乱してしまいがちです。
この時期が苦手な方は多いです。

季節の変わり目の体調不良は自律神経のバランスの乱れもかんがえられます。
自律神経は体温調整や呼吸、睡眠など、ふだん意識しないで行われる身体活動、
無意識的におこなわれる身体のいろいろな機能に関わっています。
ストレスや慢性的な疲労などが身体に蓄積されていると、
寒暖差や気圧の変化など外界の影響などによっても、
自律神経の働きが乱れやすくなり、身体に様々な影響を与えます。

消化器官の働きをコントロールしているため、
強いストレスを感じると胃が荒れたり、便秘や下痢になったりします。
睡眠や呼吸の働きにも関わっているので、睡眠が不安定になったり
過呼吸症状になることもあります。
また血行の流れにも関与しており、自律神経が乱れると
血行が悪くなり冷えやすくなったり 
” 冷えのぼせ ” 症状になる方もいます。
無意識的な活動をつかさどるために、
イライラや落ち込みなど気分の不安定感や、
耳鳴り、めまい、ふらつき、偏頭痛などなんとなくの体調不良、
いわゆる不定愁訴があらわれやすいのもこの季節です。

慢性的に疲労やストレスが蓄積された状態でいると、
環境の変化に対して身体がスムーズに対応しにくくなるので、
こまめに疲れをとりのぞいて身体をやすめましょう。
また食事や睡眠も自律神経の働きにかかわっているので、
意識的に食事や睡眠のリズムをととのえて、
” 身体のリズム ” をつくってあげることも大切です。

自分でリセットできないくらいに疲れてしまった時には、
鍼やお灸によるお身体のメンテナンスも有効です。
最近体調が少しおかしな感じが続いている、
ふだん通りのケアをしていてもなかなか戻らない、という時にはご相談ください。

     *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より