不定愁訴 ~ 季節の変わり目①

季節の変わり目の不定愁訴症状や急な痛み症状。
要因はいろいろありますが、
そもそも身体が疲れているのに気がついていないことと、
冬から春にかけての活動性の増加があげられます。

東洋医学では、春になると気の巡りが活発になり
自然も人間も活動性が増していくと考えます。
夏は盛夏といいますが、盛んになる前の段階。
いろいろなものが動き出す季節です。

自分に当てはめて考えてみると、
暖かくなるとあちこち出掛けたくなったり、
忘れていたことをふと思い出したり、
今まで気になっていていたことを、やらなきゃ!!となります。

季節の変化による気分の変化自体はとても自然なことですが、
それにともなってあまりに急激に活動性が高まると、
気持ちは動きたいのに身体がついていかない
エネルギー不足になってしまうことがあります。
ここで無理をかさねてしまうと、
身体にとっては使い過ぎの状態になってしまい
いろいろな不定愁訴があらわれやすくなります。

エネルギー不足になってしまう前に。
早めの休養が大切です。

関連: ぎっくり腰や急性痛  ~  季節の変わり目②

     *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より