ぎっくり腰や急性痛  ~  季節の変わり目②

春は活動性が増す季節ですが、
” これくらいなら動ける ” という自己認識と、
日常的な疲労が蓄積した身体状態のずれ。
頭で考える自分の身体と実際の状態がずれていると、
チョットした動作で筋肉を痛めてしまうことがあります。

痛みを感じている部分を治療をして、
はじめてほかの部分の違和感を感じたり、
全身が疲れていることに気がつくなど、
自分の身体の状態に気がついていない方が多いです。

頭で考えている自分の状態と実際の身体のギャップは
年齢を重ねるごとに広がっていく方が多いようです。
” 痛いッ!! ” となる前に。
動きたい時に動けるように。
自分の身体を積極的にいたわって、ととのえておくことが大切ですね。

関連: 不定愁訴 ~ 季節の変わり目①

     *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より