神田祭 ・ 三社祭 ~ 東京のお祭り体験

先日、日本橋を訪問した時にいただいた街紹介パンフに、
神田祭の案内が載っていました。
神田祭は東京の神田明神にて、毎年5月初旬に行われるお祭りです。
学校を卒業して、最初に就職した会社が東神田にあったので、
土曜日出勤日には、毎年お神輿の声を聞いて過ごしていました。
今ごろパンフを見て気がつきましたが、お祭りのスタート地点だったんですね。

お祭り前の、木曜日・金曜日辺りから人が集まってきて準備にいそしむ、
というと、素敵なのですが、町内会の皆さま方は準備をしながら、
昼間から飲んで喋って楽しそう!!という印象でした。
その横を眺めながらの通勤、お仕事は、羨ましい視線を送りながらも、
毎年、少々、微妙でした。

お祭りつながりで、思い出してみましたら、
中学生の時に下町のお家にあがらせていただき、
三社祭のお祭り体験をさせていただきました。
町内会のはっぴを着せてもらい、
形だけでも地元の恰好をさせていただき、
地元のお姉さんたちが女神輿を担ぐところに入れてもらって
お神輿を触らせていただいたのは、今から思うと貴重な体験です。

そのあとには盛り上がりの最高潮、メインのお神輿登場。
下に降りるのは危ないということで、2階からの見学でしたが、
地元の方から彫り物が入った方まで、細い路地いっぱいに入り混じっての大熱狂。
下町の本場のお祭りにドキドキ、驚いたのを覚えています。

東神田は、それよりも静かなのんびりとした町内会のイベント的な印象。
荒々しいお祭りも静かに盛り上がるお祭りも、どちらも楽しいですね。
地元の方に話しかけてみたりして、少しでも参加できると楽しみ倍増です。

     *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より