5月の台風

まだ5月なのに、台風襲来。
念のために、ベランダの植物は、風の影響を受けないよう移動。
今回は、寝ている間に通過するみたいなので
直接的な影響は少ないと良いな~、と希望的観測。
正直、天気予報を見ても実感は薄いです。

台風の前後は気温や気圧差が強くなります。
梅雨や湿気のダメージを受けやすい方、
気温や気圧の変化が苦手な方は要注意です。
変わり目の前後の方が、症状はあらわれやすいですね。

湿邪は脾胃にダメージを与えやすいので、
食欲低下、消化しにくく胃もたれなど、お腹の調子がイマイチなどの胃腸症状。
筋肉や腱、骨など関節の周りに痰湿(余分な湿気)の停滞すると、
膝などの関節痛がつらくなる、腰痛や座骨神経痛が強くなるなど。
身体にも色々な影響があらわれやすくなります。

台風通過後の東京の気温予報は30度。
気温の乱高下も激しいので、冷房にも要注意です。
薄手のカーディガンや肌掛けなどで、
日中や就寝時の体温調節に気をつけましょう。

     *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より