眼の疲れからくる肩こり・頭痛

仕事中長時間動かずに、ひたすらにパソコンへ視線を集中して
眼を使い続けるのが当たり前になったのは最近です。
眼の疲れからくる肩こり・頭痛は、デスクワークの方の職業病のようになっています。
パソコンやスマートフォンの普及による眼の酷使の影響は大きく、
老眼になる年齢や視力低下のスピードが早くなった、
眼鏡を買いかえるサイクルも早くなった気がするというお話もよく聞きます。

眼の周りには眼球を動かす筋肉がついていますが、
いろいろな方向に視線を動かす時には、これらの筋肉を
収縮・弛緩させるながら微妙に対象に合わせる調整しています。
PCワークでは、視線を決まった方向にしか動かさないことが多かったり、
集中しようとして視線を動かさずに画面を凝視していることが多くなります。
そうすると、特定の筋肉に過剰な負荷・緊張がかかり、
緊張がまったくゆるまない状態が続くことから、筋肉の柔軟性が失われます。
筋肉の柔軟性が失われると、眼球を動かす筋肉の微調整がしづらくなり、
上下左右に視線を動かす動きがスムーズでなくなることがあります。

視力が落ちていないのに眼が疲れやすい、
文字が見にくい場合、筋肉の過緊張が原因のことも多くあります。
肩や頭部の過緊張から発症する頭痛がひどくなり
気持ち悪くなったり眩暈や吐き気を感じる方もいますが、
肩頚や頭部の緊張を解くことで頭痛が軽減するケースが多いです。

緊張を緩めるためには、仕事以外では眼を酷使しない、
日常的に眼を休める時間をつくることが一番です。
難しい場合は、眼のホットパックなどで緊張を和らげるだけでも
翌日の疲れの取れ方が、眼だけでなく、身体全体違うのが感じられます。

肩頚や頭の緊張が慢性的に強い方には、
鍼灸全身治療 + 頭皮鍼や顔鍼の併用をお勧めしています。
眼の周りへの直接治療だけでなく、後頭部の眼のツボや、
眼の筋肉に繋がっている頭部や肩頚周囲へ鍼灸をすることで
肩頸だけでなく顔や頭の緊張をとります。

顔や眼の周りの施術には顔専用の鍼をつかっています。
また、刺す鍼に抵抗がある方へは、
接触鍼(皮膚に触れる鍼)か、てい鍼(刺さない鍼)で治療をしています。
刺す鍼とてい鍼(刺さない鍼)を、患者様の体質によって使い分けていますが、
刺さない鍼がご希望の方はあらかじめお申し出ください。

     *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より