喉の違和感 ~ 夏風邪の予防

最近、喉の違和感がある方が多いように感じます。
咳き込み・痰が絡むなど喉や呼吸器に違和感を感じる。
何となく熱っぽい。
でも、体温を測ると熱はない。

風邪ではない(と思っているけれど)
咳き込みや痰、声がかすれる、喉の違和感など、
日常生活に影響がでにくい体調不良は、
そのうち治るかなと、放置しがちです。

咳き込みが治まらないなど初期症状の放置は、
夏場にかけて ” 症状が長引く ” 要因になります。
軽い喉の違和感でも、早い段階で治療をすることが大切です。

東洋医学では、風邪をただ単に流行り病としてではなく、
身体を守る ” 衛気 ” の力が弱まっていたり、
身体の内側 ” 滞り ” や ” 虚 ” 、弱い部分に、
外邪(外からの要因)が入りこみ、あらわれた症状だと考えています。

鍼灸治療で、身体自体の免疫力を向上させること、
日々の疲れを解消させることは、夏風邪予防につながります。

毎年 ” 夏風邪 ” をひいてしまう方、症状が長引いて治りづらい方には
身体の防御機能を高めるために、
夏前の早め時期からの鍼灸治療をおすすめいたします。

   *****  新駒鍼灸院  港区芝浦の小さな鍼灸院 より