お雑煮・お節

新年の迎え方はお家それぞれ。
地域によりけり。
継承できる味や文化は地域の誇りです。

お正月のお節も百貨店やインターネットで買えるようになりましたが、
年末年始は、一年に一度の晴れの日であり ルーツを感じる貴重な機会。
治療の合間の雑談の時に、お正月の過ごし方を伺うこともこの季節の楽しみです。

お節やお雑煮など、東京に住んでいるから関東風という訳でもなく、
ご出身が関東でも旦那様やご両親の出身地域のお味だったり。
お友達から聞いたレシピたったり。

地域がチョット違うだけで、お節やお雑煮の作り方や味が異なり、
晴れの日であるお正月の風習は、その土地の個性があらわれますね。

うちのお雑煮はお出汁に醤油、青菜とお餅、柚子のシンプルな関東風ですが、
新潟ご出身の方からうかがった、鮭やいくらなど海鮮とお野菜の漁師流のお雑煮や、
福岡の鶏とあご出汁、鰤・鶏肉、いろいろ野菜とお雑煮など、お話を伺うほどに興味津々です。

私は生まれも育ちも関東の団地育ちなので、地域ごとの個性は少々羨ましかったりします。
美味しいものや良いものが、地域を通じて継承されると良いな~と思います。

*****  新駒鍼灸院 港区の小さな鍼灸院 より

Follow me!