嗜好の変化

食わず嫌いの多くは、見た目や匂いからNG。
又は、小さい頃食卓に登場しなかった食材で馴染みが
なかったというケースも多いのではないでしょうか?
小さい頃食べられなかったもの、嫌いなものの多くは、
大人になると大好きになっていたりもいたします。
好きにはならなくっても、まぁ、食べられるよ、というのが程々の妥協点。

食の嗜好については、理由や理屈付けは不要。
好きなものは好き・嫌いなものは嫌いとはっきりしています。
普段、メニューを迷う優柔不断な人でも、
嫌いなものは、はっきりしています。

薬味や香草などは、子供には少々ハードルが高い大人の風味。
匂いや味も癖があるだけに、小さい頃は嫌いでも
一旦好きになると、中毒性が有るかの如く欠かせなくなるなど、
好みや変化がはっきりしていて面白い。

年月の経過で、嗜好が移り変わっていくのって、
良く考えてみると、とても不思議なことですね。

          *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より