春の嵐

今日は、春の嵐。
強風に煽られて、歩くのも大変な一日でした。

東洋医学では、色々な事象をかたどって表現いたします。
味やその他、個人差があるのでは?? と、思う事もございますが、
結構な割合で当てはまる事も多い様子。
よく考えてみると納得できる事が古典には多くでてきます。

春は五行では肝に象徴される発散の季節。
また、春は風邪(ふうじゃ)、怒、青、筋、酸・・・、等々を象徴。
象徴している一つ一つは、あくまでも個別のキーワードだけど、
例えば、
・仕事が忙しく片付かなくてイライラ。怒りっぽくなって、頭に血が上る。頭痛・肩こりなどの症状が辛くなる。
・春の気温や気圧の変化に振り回されて疲れ気味。
・気が昇ってしまって、足腰に力が入らない。貧血気味。
・春先の多忙で疲れが重なり、足が攣ってしまう。ひどい時は、ぎっくり腰を発生。
・更に、胃腸が弱いと食欲も低下

と、色々なケースに当てはまることも多いみたい。
きっかけや経過は多数あることに気づかされます。

東洋医学的にいうと、春は血や気のアンバランスが起こりがちな季節。
不安定な気候に振り回されないよう、身体をしっかり保っていきましょう。

          *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より