素敵な絵

10月末の、雨の増上寺にて。
若手の方々の展覧会がありました。

” フラッシュポイント ” という、
不思議な絵にひきつけられてしまいました。
楚里勇己さんという、若手の日本画家の作品です。

シルバーのアクセサリーを放っておくと変色するように、
時間の経過と共に、金属の腐食を利用して、銀の色味が変化していくという作品。

写真下手で、あんまり綺麗に撮れなかったのですが、
実際はフワッと柔らかい印象。

今はごく淡い色ですが、お灸のけむりに燻されて
どんな色に変わっていくのでしょうか?
これからの変化が楽しみです。

不思議な絵

不思議な絵

どう変わっていくのかな?

どう変わっていくのかな?

          *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より