冷えの入り口

この季節、一度冷えが身体に入ってしまうとなかなか頑固でとれずらいもの。
手足が冷えて眠れなかったり、肩や腰の痛みがいつもより強く出る、
座骨神経痛の再発など、忘れていた痛みがぶり返してしまうといった
不快症状を引き起こす要因となります。

冷えを身体に入れないためには
圧倒的な外気の寒さを防ぐことがまず第一。
外出の時は、肌を外気にさらさないことが大切です。

首元・肘・膝・足首・手首などの関節部分は冷えの入り口、
身体の内に冷えが入りこみやすい部分です。
外出時だけでなく仕事中や家事の間にも、
膝や足首から冷えが入ることも多いので要注意です。
靴下だけでなく、足首をまもるレッグウォーマーをお勧めします。

それもこれも気をつけて、一生懸命気遣っているのに身体が冷えて仕方がない方。
冷飲食も要注意です。
お腹が特に冷たい人は、身体の内側から冷やしている可能性があります。
冷蔵庫で冷やされた食べ物や、暖かい部屋で食べるアイスクリームやヨーグルト。
美味しけれども冷え症さんにはマイナスです。

冷えの入り口はひとつではありません。
環境や生活によって冷える要因もいろいろと考えられます。
冷え症改善は生活改善。
時間はかかるかもしれませんが、
ひとつひとつ地道な積みかさねが必ず効いてきます。
少しずつ積みかさねていきましょう。

          *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より