イトオテルミー 温熱療法 ①  

先日の有志での鍼灸勉強会にて。
オーガナイザーの先生の治療室の棚から
テルミーがでてきて、これは何??と。
鍼灸師の温熱療法はお灸がメイン。
テルミーの名前は知っていても、見るのは初めての方が多く興味深々。

” イトオテルミー ”
知っている人は知っているという温熱療法。
私は学生時代に、アルバイトさせていただいた鍼灸院にて
初めてイトオテルミー温熱療法を知りました。

オーガナイザーの先生は、学生時代に友人の紹介でテルミーに出会い、
研修会に参加したものの最近はほとんど使っていないそう。
テルミーは昔からある温熱療法ですが、確かに、知り合いの紹介が無いと、
なかなか巡り逢えないものの一つかも知れません。
その反面、 
” 小さい頃家にありました ” ” それ昔お婆ちゃんが持っていました ”
など、治療に来た患者さんがよく知っていることもあります。

その日の勉強会はお灸がメイン。
テルミーを見るのも初めての先生もいたので、
お灸の流れで、テルミーをお試しすることになりました。
手足と背中にざっとテルミーをかけてみます。
” 暖かい ”  ” 想像以上に気持ち良い ”
などなど好意的な印象が多く、あらためてテルミーを見直してみようかなと思いました。

今現在、治療にてテルミーを使うのは、妊婦さんの足の浮腫みやだるさ、
腰の痛みなどのケースや子供がメイン。
てい鍼の接触鍼 + お灸 がメインで、ときどきテルミー。
鍼灸とテルミーのバランスを適宜勘案、組み合わせて治療を行いますが、
普段の治療では、テルミーを活かしきれていない様にも思います。

自分自身に試しながら、もう少しテルミーの使い方を研究してみようかと思います。

          *****  新駒鍼灸院  港区芝浦の小さな鍼灸院 より