使用済み鍼の廃棄について

 
保健所で教えてもらった鍼灸院開設に必要な準備事項に、 ”感染性廃棄物の処理” の契約というものが入っていました。 当院で使用する鍼は、完全滅菌済みディスポーザブルの鍼(使い捨て鍼)を使用しております。衛生面は全く問題ありません。

保健所の指導では、ディスポーザブルの鍼(使い捨て鍼)の最終廃棄・処分先まで、あらかじめ決めておきましょうね。ということです。いわれてみれば、確かにその通り。今までは、使った鍼は勤め先の治療院で処分していたので準備事項から完全に抜けていました。

早速、東京産業廃棄物協会へ電話して近くの専門業者を紹介してもらいました。当方は個人の小さな鍼灸院。 正直こういう手続きは時間がかかってしまうのかなと心配したのですが、紹介してもらった会社の事務所が徒歩5分の距離。すぐに必要手続き等々させていただく事が出来ました。

カタログを見せてもらうと鍼灸院向けというよりも、病院などで注射鍼の廃棄物取り扱いがメイン。保管容器のサイズは色々あったけれど、大きすぎても重くなって大変そうなので4Lに決定。
 

廃鍼容器
実際に容器を前にすると4Lってけっこう大きい。

鍼灸治療といっても、色々な手技手法があります。私はたくさん鍼を刺す治療スタイルではないので、この容器がいっぱいになるまでにはかなり時間がかかりそうです。
 

               *****  新駒鍼灸院  女性のための小さな鍼灸院 より