気になる記事。  ” 子宮筋腫の内視鏡手術 ”

子宮筋腫の内視鏡手術について、
気になる記事が出ていたのでご紹介。

子宮筋腫の内視鏡手術 (朝日新聞デジタル 2014年5月21日)
子宮筋腫の内視鏡手術 (産経ニュース 2014年5月22日)
「モルセレーター」 米の会社、販売を停止 ( 中日新聞 2014年5月22日 )
子宮筋腫の内視鏡手術ががんをまき散らす (財経新聞 2014年5月25日)
手術ができなくなる可能性も (エコノミックニュース 2014年05月25日)

記事内容は、病変に肉腫などのがんがあった場合、
筋腫を切る器具が、がんを腹部内でまき散らし、悪化させる恐れがある。
⇒ アメリカのメーカーは、器具の販売停止。ドイツ製も一時停止。
⇒ 過去に手術を受けて心配な女性には、実施した医療機関への相談を呼びかけた。

日本では、手術前後に、しっかりと色々な検査をしているはずなので、
筋腫を内視鏡摘出したから心配だ、という話にはならないようです。
が、手術後の医療機関の説明で何か心当たりが合って、
しかも、しばらく婦人科検診をサボってしまっている方は、
定期検診に行ってみるのがよいですね。

開腹手術より傷が小さく、時間も短いため、
身体への負担が少ないとされてきた子宮筋腫の内視鏡手術。
これからは、適用が変わるのでしょうか?

          *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より