湿邪対策

最近はゲリラ豪雨など、予想しない雨に降られることが多いですね。
雨の日にサンダル履きで出掛けてしまうと、たとえ雨にぬれなくても、
足元から一気に、冷えと湿邪が入ってしまいます。
本当は、雨に合いそうな時はサンダルは控えることが望ましいのですが、
それでも雨に当たってしまったらどうしたらいいか?

湿邪は停滞・沈降という性質があるので、放っておくと、
足や下半身のだるさ・痛みが抜けにくくなってしまいます。
湿邪を追い出すための養生は、温めることと動かすことが基本です。

・ 足湯などで集中的に足を温める。
  この時はふくらはぎから下がピンク色になる位、しっかりと温めてください。
  参考 :足湯 ・ 肘湯の方法

・ 足のつぼへのお灸も有効です。
  せんねん灸などのお灸を使っても良いでしょう。

・ 身体を動かす。
  気の流れを促すために、適度な運動やストレッチ、
  マッサージをするなど身体を動かすことも大切です。

寝ている間に身体は回復するので、
翌日の身体のためには、入浴で全身の流れを整えてから就寝が理想的。
やっぱり夏もシャワーではなくお風呂が一番です。
  

          *****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より