鍼灸による不妊治療について

からだをととのえる

妊娠・出産準備のためには、お身体のベースの状態をととのえる ” 身体づくり ” が
大切になります。冷え症の方は、冷え体質の改善も大切な目標になります。
お身体の状態を向上させる治療をかさねて子宮・卵巣の状態をととのえます。 

東洋医学的に、妊娠準備がととっている子宮の状態は、
暖かく柔らかな子宮内膜に、気血がスムーズに流れて、
栄養が十分にいきわたっている状態です。
胎児が安心して過ごせる環境、十分に養うための子宮の状態は、
実り多い肥沃な大地をイメージしていただくと、
ご理解いただけるかと思います。
  

東洋医学の観点から

東洋医学では、一つ一つの器官をものとして個別にみるのではなく、
人間をひとつの大きな全体として考えております。
神経、内臓、筋肉は個々に勝手に働いているわけではなく、
お互いに連携しあって、はじめて大きな一つのシステムとして働いています。
冷え体質や月経痛ひとつをとっても、
色々な要因が絡みあって引き起こされていると考えております。

不妊でお悩みの方は、がんこな冷え症、
お腹がかたく、肩や腰の張りが強い方、
身体が常に緊張している方が多く、
また、身体の緊張が長年にわたって続いているために、
そのようなお身体の状態が日常的に当たり前の状態となって、
冷えや緊張を自覚されていない方も多いように感じます。

冷えや過度な緊張によって、身体の血流が悪くなると、
酸素や栄養が骨盤内の生殖器へもいきわたりにくくなり、
生殖器の機能そのものが低下してしまいます。
  

体質改善のために

東洋医学的な観点で、妊娠しにくいお身体の状態を診てみると、
気虚・血虚などエネルギーの不足、
気滞・水滯など様々な滞り。
また、気や水や血が長い間滞ったことによる痰飮・瘀血の形成、
痰飮・瘀血による更なる停滞の恒常化など、
様々な要因が重なって、バランスが乱れている状態がみられます。

根本的な体質改善のためには、
冷え体質や月経状態の改善だけでなく、
緊張や滞りから生じる肩こりやむくみ、
自律神経のバランスやホルモンバランスの乱れから生じる
はっきりしない様々な症状も合わせて
治療をしていくことが大切になってきます。

個別の症状や局所的な状態改善だけではなく、
体質そのものへのアプローチを重ねていくことで、
身体が本来持っている力を引き出して、
お身体の状態を良い状態へ改善していきます。
当院では、鍼灸で出来る最善の治療をおこないます。
 

セルフケア

体質改善のためには、日々の養生=セルフケアも大切です。
ご自身の日常生活(食事・睡眠・衣類・運動・生活サイクルなど)の見直しをおすすめします。

 

 

● 関連記事
● 西洋医学との併用について
● 卵子の成長サイクル
● 通院の頻度と期間
● 着床後の治療

● 婦人科症状と鍼灸
● セルフケアについて

 

 

ご予約・お問い合わせについて

ご予約・お問い合わせは、 maile-mail よりお願いいたします。

施術中は電話の音量をOFFにしております。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にメッセージを残していただきましたら折り返し連絡させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

rabbit-D  
maile-mail  info@shinkoma.jp