着床後の治療について

患者様それぞれの状態や治療経過によって異なりますが、
妊娠後もお身体はデリケートな状態が続きます。
安定される時期まで、お身体をととのえる鍼灸ケアをお勧めしております。
不妊のための鍼灸治療としては、12-16週辺りまでをひとつの目安としてお考えください。
クリニック卒業・転院の時期を目安にお考えください。

妊娠時期 ・ 出産前後の鍼灸治療について

妊娠後、出産までの期間にお身体の状態を整えておくことは、
胎児のすこやかな成長にも良い影響を与えますし、
産後の肥立ち、出産後の体力回復・母乳にも良い影響があります。
授乳中はそれまで以上に体力が必要となります。
出産後もその時々の必要なサポートをさせていただきます。

腰痛、頭痛、浮腫み、だるさ、といった日常的な症状から、
つわり、全身倦怠感、脚のつり、痔、風邪などにも対応しております。
逆子のお灸、安産灸もおこなっております。
産後の肥立ちの改善、月経が戻らない、母乳ケア、眩暈などの不定愁訴など、
出産前後のお薬を飲めない時期の症状はご相談ください。


● 関連記事
● 不妊治療サポート
● 西洋医学との併用について
● 卵子の成長サイクル
● 通院の頻度と期間
● 着床後の治療

● セルフケアについて

 

 

deco-casual-small1
 

ご予約・お問い合わせについて

ご予約・お問い合わせは、 maile-mail よりお願いいたします。

施術中は電話の音量をOFFにしております。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にメッセージを残していただきましたら折り返し連絡させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

rabbit-D  
maile-mail  info@shinkoma.jp 
 

 

deco-casual-small1