鍼灸マタニティケア  ~  妊娠・出産前後の鍼灸治療

妊娠期間・出産後のお身体の変化

妊娠中・出産後の授乳時期には、
ホルモンバランスの変化による、身体の急激な変化や体質の変化。
食事・睡眠リズムの変化による、生活リズムの変化。
そのほか、さまざまな要因から、
お身体のお悩み症状をあらわしやすくなります。

鍼灸治療では、痛みや不快症状の解消とともに、
女性ホルモンのバランスをととのえる治療をおこないます。
身体の内側と外側へのはたらきかけによって、
身体全体のバランスをととのえます。 


妊娠中の鍼灸治療ついて

つわりの他、不定愁訴や身体のいろいろな痛み症状への対応など、
妊娠期の様々なお悩みに対して、鍼灸で対応できることはたくさんあります。
妊娠中の鍼灸治療は、母胎・赤ちゃんの気血の巡りを良好にして、
お腹の中での胎児の健やな成長を促進します。
また、母胎の身体の状態を整えておくことによって出産を楽にするだけでなく、
妊娠・出産前後の時期を健康に過ごすための大きなサポートとなります。

妊娠中や出産後母乳育児中のお薬を服用したくない時期の
いろいろな症状のお悩みについて、ぜひ一度ご相談ください。

pict12_09

妊娠中の痛みや不定愁訴 肩こり 腰痛 頭痛 浮腫み 全身倦怠感

pict12_09

つわり

pict12_09

妊娠中のお灸 逆子のお灸 安産灸 痔のお灸


出産後の鍼灸治療について

妊娠中~出産前後にかけて、身体は大きく変化します。
出産後、ホルモンバランスが変化することに加えて、
育児の不安や緊張、ストレスも加わり、身体の不調が現われやすくなります。
母胎を元に戻すことは、産後の大事な仕事のひとつです。
早めのケアで不快症状を軽減して、体調を整えることをお勧めいたします。

産後の不調の多くは、ホルモンバランスが戻っていくなかで
自然と解消していくことが多いものですが、
出産後の身体が不安定な時期に我慢をして、無理を重ねてしてしまうと、
女性ホルモンの調子がなかなか元に戻らず、月経の再開が遅れたり、
腰痛が残るなど体調の悪さを引きずる要因にもなってしまいます。
 
高齢出産では、産後の不調を引きずったまま
プレ更年期 ⇒ 更年期へ移行するケースもみられます。
長期的な視点から女性の身体を考えてみても、
産後の肩こり・腰痛・各種不調をしっかりとケアしておくことは、
更年期やその後の時期をより良い状態で過ごすためには大切です。
鍼灸治療では全身へ働きかけることによって、痛みやだるさといった
個別の不快症状のみならず、産後の肥立ちの改善や出産後の月経を整えていきます。


pict12_09

出産後の肩こり・腰痛・関節痛・頭痛

pict12_09

産後の肥立ち・出産後の月経トラブルの改善

pict12_09

出産後の免疫力回復 頭痛・眩暈など不定愁訴

pict12_09

母乳ケア

pict12_09

出産後 髪の毛が抜けやすい・白髪の増加



gravatar妊娠中や出産前後の時期には、いままで感じたことのない、いろいろな症状があらわれやすくなります。ほかの症状についてもお気軽にお問い合わせください。


妊娠中 ・ 出産前後にあらわれやすい症状

妊娠中の
鍼灸ケア  
肩こり、腰痛、頭痛、むくみ、全身倦怠感

逆子の灸、安産灸、痔のお灸

つわり   
出産後の
鍼灸ケア
産後の肥立ちの改善、月経が戻らない、髪の毛が抜けやすい

食欲不振、全身倦怠感、疲れやすさ、

風邪、免疫力向上、眩暈などの不定愁訴、精神ケア

膀胱炎、痔、

肩こり、腰痛、頭痛

腱鞘炎・膝関節・股関節・恥骨痛など関節の痛み

母乳ケア