産後の肥立ち・出産後の月経トラブルの改善

産後の肥立ち・産褥期とは

出産の後、身体が少しずつ戻り整っていく時期が、
いわゆる産褥期(さんじょくき)と呼ばれる期間です。
身体の回復期間を、昔は ” 産後の肥立ち ” 期間として、
出産後の身体を十分に休める期間としていました。

身体の回復期間を過ぎてからも、全身倦怠感や
不定愁訴症状がつづく状態は、出産でダメージを受けた身体が
十分に回復しきれていない状態のあらわれです。
いわゆる「産後の肥立ちが悪い」と言われる状態です。

出産後に身体をゆっくりと休ませる期間が短く、
十分に体力が回復をしていない状態での育児によって
体調が戻りにくくなってしまうケースや、
出産年齢が高いために体力の回復に時間がかかり、
お身体の不調を感じるケースが多いようです。

風邪をひきやすい、一度風邪をひくと長引いてしまい治りが悪いなども、
出産後身体の状態が戻らずにからだの免疫力が低下しているサインです。

出産後の月経トラブルの改善には、育児で後回しになりがちな
ご自身のお身体をいたわることが大切です。休息時間を作って、
しっかりとお身体を休めていただくことが一番大切です。


産後の月経トラブル 血の消耗と月経の関係

月経がなかなか戻らないなど産後の月経トラブルは、
出産による血の消耗、睡眠不足などストレスによる気血の消耗、
授乳によるお母さんの身体の栄養不足によるものが多くなります。

月経が戻らない、貧血、髪の毛が抜けやすい状態は、
東洋医学では、血に関連した症状と考えられます。
” 血 ” の不足は落ち込みやすくなる、やる気がおこらないなど、
精神面にも影響をあたえます。

命を繋ぐための出産そのものが、母胎の気血を大きく消耗させます。
子宮の働きが十分に回復していない時期は、
血に関係したトラブルになりやすい時期でもあります。
出産時の出血が多かった場合や傷の治りが遅い場合、帝王出産の時などは、
いわゆる ” 血虚 ” や ” 瘀血 ” (オ血、血の滞り)
の症状があらわれやすくなります。

月経がなかなか戻らないケースでは、出産時の血の消耗に加えて、
授乳による血の不足が関係していることも多くみられます。
” 母乳は白い血液 ” 。
お母さんが摂り込んだ栄養を赤ちゃんに母乳として渡しているため、
授乳期間中は、お母さんの身体のエネルギーは不足しがちとなります。

月経の状態を安定した状態に戻すためには、
出産でダメージを受けたお身体の状態の改善が第一になります。
身体に栄養を十分に取り込めなくなってしまっている場合、
脾胃の状態をととのえる必要があります。
出産や授乳によって足りなくなりがちな血の不足や滞りを改善して、
睡眠不足やストレス、過労によって滞りがちになった
全身の気血津液の流れをスムーズにしていきます。

出産後のケアと女性の身体

昔から言われてきたように、” 産後の肥立ち ” の良しあしは
女性として過ごしていくなかで、身体にとってはとても大切なことです。
東洋医学的視点では、年齢を問わず女性の身体の状態・症状には、
” 血 ” の状態が大きく関わってきます。
妊娠~出産という身体の ” 血 ” の状態がを大きく変化する時期に
十分に休息をとること、身体をいたわりケアすることは、
更年期以降の女性の身体の状態にも大きく関わってきます。

鍼灸治療では、消耗した気血津液の状態を整えて
体力や身体の力を取り戻し、出産後の身体の回復を促進します。
出産後のダメージを受けた身体を十分にいたわり
月経の状態を整えることで、妊娠育児期間を終えてからも、
女性としてよりよい状態で過ごせるようにお身体の全体の状態を整えていきます。





ご予約・お問い合わせについて

ご予約・お問い合わせは、 maile-mail よりお願いいたします。

施術中は電話の音量をOFFにしております。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にメッセージを残していただきましたら折り返し連絡させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

rabbit-D  
maile-mail  info@shinkoma.jp 
 

 

deco-casual-small1