出産後の身体変化と痛み症状

出産後はホルモンバランスの変化、育児による睡眠不足や疲労の蓄積から、
肩こり・腰痛・頭痛などの痛み症状、腱鞘炎・股関節痛・恥骨痛など
関節炎・関節痛が発生しやすくなります。

鍼灸治療では、全身の筋肉の過度な緊張やゆるみを解消し、女性ホルモンのバランスや
骨盤の状態を整えて、身体を自然な状態へ整えます。


出産後の痛みや関節炎・関節痛の要因

妊娠・出産期間を通じて、骨盤は “ ゆるみやすい状態 ” が続いています。
出産後約6カ月ほどかけて骨盤や子宮は元に戻っていきますが、
緩んだ骨盤や子宮を元に戻すために、プロゲステロンという
ホルモンが働きます。収縮させる働きのプロゲステロンは
骨盤だけでなく全身に影響を与えるため、肩こり腰痛などの
痛み症状や腱鞘炎や膝関節痛など関節痛を発症しやすくなります。


肩こり・腰痛・腱鞘炎

妊娠中は、胎児の成長による体型や姿勢の変化、
女性ホルモンの影響による骨盤のゆるみや収縮から、
肩こりや腰痛がおこることが少なくありません。
出産後、骨盤の状態や身体のバランスが戻っていない時期には、
肩こりや腰痛などの身体の疲れがとれにくいことがあります。
また、赤ちゃんのすこやかな成長にともなって増えていく体重が、
抱っこや授乳などの日常的におこなう動作のなかで、
肩頸~腕、手首、腰に大きな負担をかけるようになります。

恥骨の痛み

恥骨の左右2つの骨は、恥骨結合という繊維の束によって
結び付けられています。妊娠するとホルモンの作用で
恥骨結合は少し緩みますが、分娩時に赤ちゃんの頭が通過することで、
痛みが生じます。産後は元の状態に戻るものですが、
なかなか戻らずに痛みが長引く場合もあります。


痛みは我慢をしないことが大切

骨盤がゆるんだまま固まると血行障害をおこしやすくなり、
肩こり、腰痛、頭痛などの不快な症状をもたらすことがあります。
我慢をかさねて症状を慢性化させてしまうと、痛みを感じる神経が
過敏に反応しやすくなります。また痛みのために身体の動きが制限されると、
筋肉を使わないことによる筋力の低下、筋肉が緊張して血行が悪くなるために
痛みがとれにくくなり、更に痛みが増すという悪循環に陥りがちです。

睡眠不足やストレスがある時にも痛みを強く感じるようになります。
女性ホルモンの分泌量の変化も痛みの一因になるため、
出産後は様々な意味で肩コリや腰痛をひどくする要因が揃っています。
ホルモンバランスの変化による、産後の肩こりや腰痛、頭痛は一時的なもの
が多いものですが、抱っこや授乳など日常的動作の積み重ねによる
各種の痛みや炎症症状、肩こり、腰痛、腱鞘炎の慢性化を防ぐためには、
我慢せずに早めに対処することが大切です。

鍼灸では、ホルモンバランスを整えながら身体を自然な状態へ整えます。
骨盤周囲だけでなく、全身の筋肉の過度な緊張やゆるみを整えることにより、
過度な圧を加えるなどの無理な矯正をすることなく、全身のバランスを整えます。


ご予約・お問い合わせについて

ご予約・お問い合わせは、 maile-mail よりお願いいたします。

施術中は電話の音量をOFFにしております。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にメッセージを残していただきましたら折り返し連絡させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

rabbit-D  
maile-mail  info@shinkoma.jp 
 

 

deco-casual-small1