つわりについて

つわりは妊娠初期から妊娠12~16週頃あたりまでに多い症状です。
吐き気、においに敏感になる、気持ち悪さ、倦怠感、眠気、頭痛、
食べていないと気持ち悪い、唾液がたくさん出るなど、
症状は様々で個人差があります。
つわりが起こる原因は、母胎が赤ちゃんをはぐくむ準備としての
ホルモン状態の変化(hCG ヒト絨毛性ゴナドトロピンなどの影響) が、
身体に与える影響が大きいと考えられています。

” つわりは病気ではない ” と我慢をされる方も多いようですが、
つわり症状が続くと日常生活にも制限がかかりやすくなりますし、
気分の落ち込みにもつながります。
美味しくご飯を食べられる方が、妊娠期間の体力を保つことができますし、
身体の変化にも対応しやすくなります。つわり症状は我慢をせずに、
体力や気持ちをととのえて妊娠期間をよりよく過ごしましょう。


つわりの鍼灸治療

鍼灸治療では、つわりの要因として気の滞りや
水分の流れが滞りがちになることによる胃腸の働きの低下、
熱や冷えが身体に不安定に偏在してしまうことが、
大きく影響していると考えられます。
とはいえ、元々のお身体の状態や体質によっても、
症状のあらわれ方はまったく異なります。
胃腸が弱い方、のぼせやすい方、冷え症体質の方、睡眠が不安定な方など、
体質が違えばあらわれる症状も異なりますし、治療方法も変わってきます。
鍼灸治療では、それぞれの体質とあらわしている症状によって、
胃腸の状態を整える、水分代謝を円滑にするなど、
身体全体のバランスをととのえる治療をおこないます。

また、つわりはストレスなど精神的な影響も大きいと考えられています。
変化していく身体にともなって生じる身体的ストレス(肩こり・腰痛など)や、
精神的なストレス(イライラ感、不安感)を緩和することによって、
つわり症状を楽にしていきます。


つわり症状のツボ

つわりで有名なツボとしては、内関、膻中、裏内庭、などがよく知られています。
・内関    気持ち悪さ、気分の不安定、不安感
・膻中    気持ち悪さ、胸のつまり、気分の不安定
・裏内庭  吐き気などの胃腸症状

体質や症状によってツボの適応・不適応があるために、一般的によいとされている
ツボへの鍼やお灸が、必ずしも全ての人に効果があるとは限りません。
当院でのつわりの治療では、全身の鍼灸治療にて体調を安定させた上で、
体質や症状を見極めて、鍼やお灸をさせていただきます。


つわり治療の頻度の目安

症状が激しい時には、初めの2週間は週に2-3回、
その後は1週間に1回が治療の目安となります。
症状の軽減とともに、治療の間隔をあけていきます。
軽いものであれば週に1回の治療を2-3回でも十分に効果が感じられます。


ご予約・お問い合わせについて

ご予約・お問い合わせは、 maile-mail よりお願いいたします。

施術中は電話の音量をOFFにしております。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にメッセージを残していただきましたら折り返し連絡させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

rabbit-D  
maile-mail  info@shinkoma.jp 
 

 

deco-casual-small1