つわりについて

つわりは妊娠初期から妊娠12~16週頃あたりまでに多い症状です。

つわりが起こる原因は、はっきりわかっていませんが、
・赤ちゃんをはぐくむ準備をするためのホルモンが身体に与える影響(hCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
・母胎が赤ちゃんを異物としてとらえるアレルギー反応
などが考えられています。

吐き気、においに敏感になる、気持ち悪さ、頭痛、食べていないと気持ち悪い、唾液がたくさん出るなど、症状は様々で個人差があります。また、眠気やだるさ、イライラ感、倦怠感など精神的なストレスを感じる場合があります。

” つわりは病気ではない ” と我慢をされる方も多いですが、つわり症状が続くと日常生活が不自由になり気分の落ち込みにもつながります。

つわりの多くは鍼灸で改善できます。美味しくご飯を食べて、体力や気持ちをととのえて妊娠期間をよりよく過ごすためのサポートをさせていただきます。

つわりの鍼灸治療

つわりの要因として、気の滞りや水分の流れが滞りによる胃腸の働きの低下、胸や背中の一部に熱がこもっていたり、身体が冷えて水が停滞しているなど、熱や冷えの偏在が考えられます。

元々の体質によっても症状のあらわれ方はまったく異なります。胃腸が弱い方、のぼせやすい方、冷え症体質の方、睡眠が不安定な方など、体質が違えばあらわれる症状も異なるため治療方法も変わってきます。

また、つわりはストレスなど精神的な影響も大きいと考えられています。身体的ストレス(肩こり・腰痛など)や精神的なストレス(イライラ感、不安感)を緩和することも大切になります。

つわりで有名なツボとして内関、膻中、裏内庭、などがよく知られていますが、その時の身体の状態によって合う時と合わない時があり、一般的によいとされているツボへの鍼やお灸が、必ずしも全ての人に効果があるとは限りません。

当院でのつわりの治療では、そのときの身体の状態を見て、胃腸の状態を整える、水分代謝を円滑にする、熱をとって気の流れをスムーズにするなど身体全体のバランスをととのえる鍼灸治療をおこないます。

治療方法

治療の前に実際に使う鍼とお灸をお見せして説明してから鍼灸をさせていただきます。
つわりになって初めて鍼灸を受けようと思う方の中には、つわりが辛くて何とかしたいけれど鍼やお灸に抵抗があるという方もいらっしゃいます。『 刺すはり 』に抵抗がある方には、『 刺さないはり 』と火が直接肌にあたらない『 間接的なお灸 』で治療いたします。

ご来院の目安

つわり症状が激しい時には、初めの2週間は週に2-3回、その後は1週間に1回が治療の目安となります。症状の軽減とともに治療の間隔をあけていきます。軽いものであれば週に1回の治療を2-3回で治まります。