鍼灸治療

鍼灸は長い時間をかけて人々の環境や生活スタイルに合わせて変遷・洗練されてきました。そのため、鍼灸治療といっても色々な手技手法があります。

私自身が強い刺激が苦手なため、色々な鍼灸の治療方法がある中でもマイルドな手技手法を選択して、鍼灸治療をおこなっております。

身体に優しい、気持ちの良さを感じていただける鍼灸を心がけています。

 

 

当院の鍼灸治療

東洋医学にもとづいた古典的な鍼灸治療をおこなっております。
脈診を中心とした東洋医学本来の診察法(四診法)にもとづき、患者さまそれぞれの症状と体質を診て治療いたします。本治法と標治法の二つの治療をあわせておこないます。

本治法(ほんちほう)は身体全体をめぐる経絡の気血の流れを整えることで全身の働きを整えます。
標治法(ひょうちほう)は、身体のつらい部分、痛みがつよい箇所など主訴を中心とした病状の改善をはかります。

” 本治法= 根本的・全身治療 ”” 標治法 = 痛みの箇所 ・ つらい症状 ”
の治療をあわせておこなうことで、症状がある部分だけの治療ではなく、身体全体の気の流れやエネルギーのバランスを整えます。

全身の気の流れ・経絡の流れをととのえる鍼灸治療で、人が本来持っている自然治癒力を高めます。

鍼灸治療で出来ること。

病気・病名ではなく、それぞれのお身体を診て治療できるのが鍼灸治療です。
あらわれている症状だけでなく体質や生活習慣などもおうかがいして、お身体の状態を診断、治療をおこないます。

人は生まれつき病気やけがを治そうとする自然治癒力を持っています。
この力が弱まるとなかなか病気は治りません。本来もっている自然治癒力を強化し、生命力を高める鍼灸治療をおこなっております。

身体を温める治療

自律神経症状・不定愁訴・婦人科症状、つらい痛みやアレルギーなど慢性的な症状でお悩みの患者さまは、長い期間に渡って強い冷えを抱えている方が多く、小さなころから冷え症を自覚。低体温で夏でも冬でも体温が上がらない。それが当たり前だと思っていたという患者さまが多いと感じております。

頑固な冷え症の改善には、冷やさないことだけでなく身体を積極的に暖めることが重要になります。当院では、お灸のほかホットパックやカーボン光線療法など、身体を温めることを重視した治療をおこなっております。

心とからだのとらえ方

古代中国では、自然の観察することから ” 陰陽五行説” ” 気” などの考え方を生みだしました。

人間の身体・生命を自然との調和、順応という形で とらえ、
心と身体を一つの全体としてみています。こころと身体はそれぞれ固有の特徴を持ちつつ、 協調して働くことによって成り立っていると考えています。

鍼灸治療をさせていただく時には、心と体のバランスを大切に考えています。

身体が本来持っている治ろうとする力
”自然治癒力” を引きだします

 

 

使用する鍼とお灸

 ディスボーザブル鍼

身体に刺す時に使用する鍼は、完全滅菌・個別包装の使い捨ての鍼を使います。使う直前に開封しますので、感染事故の心配はありません。太さは髪の毛より細い鍼を使用します。( 0.14-0.18ミリ)

いろいろな太さ・長さの鍼のなかから、患者さまのお身体の状態に合わせた鍼をえらびます。

 

 

そのほかの鍼 いろいろ

” 刺さない鍼 ” も 治療方法のひとつです。
丸い鍼先を経穴に当てる、皮膚を擦撫することによって 、身体に繊細な刺激を与えて自然治癒力を高めます。

外からの刺激に対して身体は正直に反応します。
痛かったり我慢をするとからだは緊張して堅くなります。
気持ちが良いときには身体は自然に緩みます。

ささない鍼は、古くから伝わる鍼の歴史のなかで、消えることなく受け継がれている伝統的な治療方法です。

 

お灸について

お灸は古くから伝わる養生方法、家庭で出来る治療方法です。
身体を温めることが大切だということは、古今東西より広く知られています。
もぐさの匂いはとっても良い香りです。

温まることと香りがもたらす相乘効果で、自然にお身体が緩みます。
緊張している身体をゆるめる、リラックスできる時間を大切に考えております。

 

 

お灸は何から出来ているの?

お灸の原料はヨモギの葉100%。
お灸はもぐさを捻ったもの。もぐさはヨモギを精製したものです。ヨモギの葉を乾燥させ茎や葉脈などを丁寧に取り除き、精製されてはじめてお灸でつかう ”もぐさ” となります。

たくさんの量のよもぎから、もぐさになるのはほんの少量。 ”ヨモギの葉” がお灸のための ”もぐさ” となるまでには、とても長い時間と手間が費やされています。

 簡易灸

これもお灸。自宅で簡単に出来るように加工されています。

 

自宅施灸のすすめ

毎日のセルフケアとして自宅でのお灸をお勧めしています。

自己施灸をおこなってみて ” ピン ” と来ないのは、ツボの選び方や位置が合っていないのかもしれません。症状や体質によってツボの取り方は異なります。

ご自宅にて自己施灸をおこないたい方、ご関心ある方は、予約時にお申し出ください。身体に合ったツボの探し方とお灸の方法のアドバイスをさせていただきます。

 

 温熱療法

 ホットパック


ほどよいあたたかさで、からだをふんわり温めます。

 

 カーボン光線療法

光線療法とは、自然の太陽を利用する日光療法由来の自然療法です。

その歴史は、1900年初め、スイスにてロリエール氏が治療所を開院。昭和初期より日本に入り、黒田氏の活動により普及。かなりレトロな療法ですが、現在でも個人・治療院を問わず多くの方々に利用されています。

当院では光線治療機器コウケントーを使用しています。各自の症状に合わせた光線を照射。太陽光に似た光線を照射することで、身体をあたため血液循環を良好にします。(有害な紫外線は除かれております。)