内因 ・ 外因 ・不内外因

東洋医学では、病の要因は一つではないと考えられています。
外要因と内要因のどれか一つということは少なく、いりまじっていることがほとんどです。

お悩みの症状が慢性的になればなるほど、病因が入り交じり積み重なり、からだの奥に入りこんでいるため、局所の治療よりも全体の治療が大切になります。

 

内因

ショックやストレスなどによる過度の心のバランスの変化、
精神的失調は 身体の状態にも変化をもたらします。
東洋医学では感情の変化を大きく七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)
に分けて考え、 病気をひきおこす引き金、原因の一つとしてとらえています。

 

外因

自然環境(風・暑・湿・寒・燥・熱)の変化は身体に影響を与え、
病気の原因となると考えています。
自然な季節の変化だけでなく、冷房病など室内の環境を含めて
生活する中で外から受ける様々な影響を、外邪・六淫とよんでいます。

 

不内外因

身体の状態に影響をあたえる飲食の失調・外傷・
過労 運動不足・寄生虫などを不内外因とよんでいます。

暴飲暴食や不規則な食事は消化機能を低下させて
気血津液の滞りや不足をまねきます。 精神の疲労や身体の過労は
気血津液が消耗するため、身体の機能を低下させます。
これらの状態が続くと気血津液を上手に作れなくなるため、
全身をめぐる気血津液が更に不足して、様々な症状を引き起こします。

 

pict12_09

東洋医学の身体観

pict12_09

経絡と気血津液

deco-casual-small1
 

ご予約・お問い合わせについて

ご予約・お問い合わせは、 maile-mail よりお願いいたします。

施術中は電話の音量をOFFにしております。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にメッセージを残していただきましたら折り返し連絡させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

rabbit-D  
maile-mail  info@shinkoma.jp 
 

 


deco-casual-small1