冷えのぼせと自律神経症状

冷えのぼせとは?

寒さが増してくるこれからの季節、
外は寒いから冷えないように厚着をしたいけれど、
電車や室内に足を踏み入れた瞬間の、
暖房や人の熱気が苦手という方は、案外多いです。

身体が冷えているのに顔や頭がポッポとする、
喉が渇くのは、いわゆる『 冷えのぼせ 』です。

冷えのぼせと自律神経症状

『 冷えのぼせ 』の方は、
冷え性で頭痛・肩痛・頸痛や眼精疲労、
頭皮の浮腫み、脱毛など身体の上部の不快感、
胸に熱がこもりやすく、胸が詰まる感じや喉の違和感、
寒暖差による咳込み
胃痛・食欲不振など胃腸の悩み、
めまいや自律神経症状など、
気候の変化や寒暖差など外からの影響を受けやすいです。

更年期の時期になってから急に冷え性・冷えのぼせになる方も多く、
『 冷えのぼせ症状 』と『 身体の冷え 』は切り離せないため、
冷えが強くなるほど、
のぼせ症状=身体上部の不快な症状は強くあらわれやすくなります。

冷えのぼせ改善のための身体つくり

身体の冷えは気になるし、改善したいけれど、
モワッとこもる熱気、みぞおちや胸の当たりの気持ちの悪さがつらい。
→ すっきりしたくて冷たいお水や炭酸飲料を飲んでしまう。
→ さらに身体が冷やされる
という、
『 冷えのぼせの悪循環 』 を続けていると、
身体の冷えだけでなく、頭痛・肩頸など上半身や胃腸症状も悪化します。

『 冷えのぼせ症状 』の改善には、身体をしっかり温めることが大切です。
まずはお腹をしっかり温めてください。
今の季節は、常温のお水もお腹には冷たいです。
飲み物は温かいものをえらびましょう。

体質改善は積み重ね。
寒暖差に振り回されないためには、身体つくりが大切です。

*****  新駒鍼灸院  港区芝浦の小さな鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です