事前相談   鍼灸院開設の申請  

鍼灸院開設に必要条件は分かっていたものの、いざとなると細かい部分は曖昧です。

マンションでも自宅開院出来るよ!と友人から聞いたものの、家の環境で自宅開院の認可がおりるのか?自宅兼鍼灸院というと、大きな一戸建てのイメージ。本当に大丈夫?
部屋の面積など諸条件を含め、あれこれ悩むよりも聞いてしまった方が早い。まずは保健所へ事前相談に行きました。

電話をすると間取りと面積が分かるものを持ってきて下さいと言われて、間取り図をもって保健所へ。電話をした当日にも関わらず、色々と丁寧に教えていただきました。

治療室はしっかり専用の部屋にするという事で、部屋面積などOK。なにしろテナントではなく住宅での開設。待合室はソファーや家具で分かりやすくエリアを仕切ると良いなど、とても分かりやすいアドバイスをいただきました。心配なのが、窓面積と柱。古い住宅なので柱や梁がしっかりと主張しています。柱の面積は採寸をしてはっきりさせるように言われました。

心配していたけれど、条件的には大丈夫な様子。申請日は書類を揃えてから後日、あらためて電話で決めさせていただく事になりました。

*****  新駒鍼灸院  女性のための小さな鍼灸院 より