安産の灸

逆子の灸と共に、妊婦さんのための鍼灸として古くから伝わってきた鍼灸に、安産のお灸というものがあります。安産のお灸では、” 三陰交 ” という、足の内くるぶしの少し上にある経穴(ツボ)にお灸をします。

安産灸の施灸を始めるのは、十分に安定した状態に入ってから。5ヶ月目くらいから始めるのがよいとされております。逆子の灸と同じく、安産灸も半米粒大の透熱灸をします。 これもやっぱり、痕のつかないお灸ではなくチクっと熱さを感じるるお灸を直接すえることが大切です。

できればご自宅にて自己施灸を続けてほしいので、自宅おこなうお灸の方法をお伝えして練習をしていただきます。両足に5壮位から始めて、月がすすむごとに壮数を増やし臨月まで施灸します。

妊娠中は、体重の増減や浮腫みなど身体の変化と共にツボの位置がずれることが多いので、自宅施灸の際には定期的にツボの位置を確認してもらった方が良いでしょう。

子宮内の赤ちゃんは、ふかふかのベットに寝ている状態。このベットの状態が良ければ、赤ちゃんも自然にすくすくと育っていきます。 骨盤内の血流を良くして赤ちゃんの育つ環境を整えておくと、出産も楽に迎えることができます。また、安産のお灸を続けていると、脚のだるさ腰の痛みなど、妊娠中に感じる諸々の身体の変調が、かなり軽く感じられます。

三陰交という経穴(ツボ)自体は、妊娠出産に関わらず、女性の身体の悩みの色々な場面で用いられる経穴。女性の身体に関する雑誌の特集などでも良く登場しているので、どこかで聞いた事があるかもしれません。

リラックスして、より良い状態で出産に向かうために。
心と身体の状態を調える安産のお灸は、安定期に入ったら是非行っていただきたいおすすめのお灸です。

 

*****  新駒鍼灸院  港区芝浦の小さな鍼灸院 より