身体のリズムをふりかえる ~ 体質改善をするために 

根本的な体質・体調の改善を考える時。鍼灸を始めとする、東洋医学での治療を受けられる場合には、ある程度ご自身のお身体の状態を整理して治療に望んだほうが、よりスムーズに治療が受けられます。

ご自身の身体の状態をわかりやすくするために、痛みや症状の変化と毎日の生活リズムを手帳に記すことをお勧めします。

この日が特につらかった、朝から痛みが強かった、痛みで寝られなかった等々、痛みや症状とともに、この期間は仕事で忙しかった、年末年始で会食が続いていた。痛かった、気持ち悪かった or 忘れているくらい楽だった、食事が食べられなかった、過食気味など、生活や行動とその時々の率直な感覚をいっしょに手帳に記しておくと、ご自身のお身体を俯瞰的にかえりみることができます。

女性だったら基礎体温とともに、毎月の月経のリズムをぜひ把握していただきたいところです。具体的には、周期や期間などのタイムスケジュールだけでなく、量や質 ~ 今月は多かった、少なかった。色や塊りが続いたなど。月経痛や排卵痛の痛みの度合いや痛みの日数。 加えて、その前後の食欲や排便・睡眠の状態や仕事の忙しさなども、手帳にまとめてメモする習慣をつけることをお勧めします。

月経前は便秘気味で、始まるとくだりやすい、食欲が普段より増える、気持ち悪くて食べられなくなるなど、痛みや食事・便通・睡眠など、意識せずに現れる身体の変化は体質やその時の身体の状態がよくあらわれています。 簡単なメモでも数か月続けると、ご自身の月経のリズムや身体の状態が把握しやすくなります。

これをやった後はいつも大変!! こんな時は楽に過ごせている、などなど。 誰にでも、季節や行動に付随する 身体のリズム があります。続けてみると、生活リズムと身体のリズムが、少しずつ身近に感じられることと思います。

体質改善ではご自身の最適なリズムを見つけることがとても大切です。ご自身の身体への理解が、改善の第一歩となります。

 

*****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より