オイルヒーター ・ メンテナンス HD3488

うちのオイルヒーターは、フィリップスの HD3488 。
電源が入らないのは過熱保護回路の過剰反応らしい、ということは何となく理解できました。

正面パネルを外して、制御基板の周囲を掃除すると元通りということでしたが、うちの場合は電源が入っても、すぐにエラー表示。ひかえめ運転(800W)でも電源が落ちてしまうので、当てはまるかどうかもあやしい。長年にわたって使っているものなので説明書はありません。

オイルを温めるだけの構造ならば、そんなに複雑なつくりではないはず。バラしてダメなら廃棄だなと。開き直るしかありません。

電源を切ってから、ドライバーで内部を開けてみます。正面パネルを開いてみると、確かに通気口付近にほこりがたまっています。掃除機で丁寧にほこりをとってから、クロスで丁寧にふきとっていきます。過熱保護プロテクション・スイッチの誤作動が原因ならば、周辺部分のメンテナンスで解消するはず。

 

せっかく開いたのですから、内側も掃除してみました。固定コードは外せませんが、思い切ってここまでネジを外してみます。ここまでバラしての掃除は必要に迫られないとやりません。

すっかり綺麗になりました。

動くといいな! と期待しながら組み立て直してスイッチを入れてみると、無事、電源が入りました。最大出力にしても大丈夫。 とても嬉しい!! 見事に復活です。

スッキリと綺麗になりました。メンテナンスって大切ですね。
まだまだ十分に活躍できそうです!!

 

*****  新駒鍼灸院  女性のため小さな鍼灸院 より