四十肩・五十肩 ~ 肩関節周囲炎

四十肩・五十肩は、肩関節の周囲に起こる炎症の総称です。
正式には「肩関節周囲炎」とよばれています。

症状や痛みの個人差が大きいのも特徴のひとつ。
なんとなく感じる違和感のみで通り過ぎてしまう方から、肩が挙がりづらい、痛みが激しく何度も起きてしまう、夜も寝られないなど、日常生活に支障が生じることも多くあります。
中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

人間の手指は、微細・繊細な動きが可能です。肩関節は色々な動きを行うために、とても広い範囲を動かせるようになっています。繊細な動きのために沢山の筋肉が働いており、構造が複雑なので、それだけに炎症が起こりやすい部分ともいえます。

疲労の蓄積、姿勢の悪さや使いすぎ、過度な負荷の積み重ねなど、生活上での過分な負荷の積み重ねや、ホルモンバランスの変化が、炎症の大きな原因と考えられています。

名称とは関係なく、20代~30代、40代、50代、60代・70代・80代まで。
誰にでもおこりうる疾患です。

*****  新駒鍼灸院  港区芝浦の小さな鍼灸院 より