鍼灸適応症状

鍼灸は肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、神経痛、関節痛など痛みや炎症のお悩みはもちろん、 自律神経系、 食欲不振、胃痛など胃腸症状、 更年期やPMS、不妊など婦人科系、アレルギー症状など多くの症状に対応しています。

病名や症状ではなく今その時のお身体をみて、各人の体質や現在の身体の状態に合わせた方針を定め、鍼とお灸ををおこなってます。

原因がわからないお身体の不調など、検査をしても特に異常は見つからない、方向が定まらない時にもご相談ください。

WHO(世界保健機関)認定の鍼灸適応疾患

NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、つぎのものを挙げています。

  • 神経系疾患
    神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい(眩暈)・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
  • 運動器系疾患
    関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
  • 循環器系疾患
    心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
  • 呼吸器系疾患
    気管支炎・喘息・風邪および予防
  • 消化器系疾患
    胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢・便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎、胃十二指腸潰瘍・痔疾
  • 代謝・内分秘系疾患
    バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
  • 生殖・泌尿器系疾患
    膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
  • 婦人科系疾患
    更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
  • 耳鼻咽喉科系疾患
    中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
  • 眼科系疾患
    眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
  • 小児科疾患
    小児神経症(夜泣き・かんむし・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠)・小児喘息・耳下腺炎・ アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善

関連記事

ぎっくり腰

オリーブ ぎっくり腰

ぎっくり腰は、筋肉や靱帯の損傷です。鍼灸では痛みの部位だけでなく全身の緊張を緩めます。ぎっくり腰、腰痛や背中の痛み、寝違えや首痛はお早めにご相談ください。

詳しくはこちら

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と鍼灸

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)は、激しい痛みと運動制限が特徴です。鍼灸では自発痛、夜間痛を緩和、炎症を鎮めて筋肉・関節の緊張を解きます。 肩腕・全身を緩めて疲労の蓄積の解消、ホルモンバランスの調整する鍼とお灸をおこないます。

詳しくはこちら

腱鞘炎

腱鞘炎は、手首・指・肘・足首など関節部位の強い痛み、腫脹や痺れ、熱感。引きつるような強い痛み、炎症部分の動かしにくさが特徴です。当院では、自律神経系や産後・更年期の女性ホルモンの変化を考慮した、全身的な鍼灸をおこないます。

詳しくはこちら

めまい(眩暈)

めまい

めまいはメニエールや耳鼻科系だけでなく、貧血や更年期、自律神経系、PMSなど色々な症状に関係しています。回転性・浮遊性・立ちくらみのクラっとする眩暈など、婦人科系・自律神経系、季節の体調不良はご相談ください。

詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の鍼灸。皮膚は身体の内側の状態を反映しています。鍼灸では皮膚の状態だけではなく、体質やストレスを含め身体全体を診て、身体の内側からの改善を目指します。

詳しくはこちら

気管支喘息

気管支喘息への鍼灸。小児喘息は体質の影響が大きく、成人後の喘息はストレスや自律神経の調節が必要です。鍼灸では全身の気血の流れをととのえ症状を軽減、根本的な体質改善を目指します。

詳しくはこちら

咳喘息

咳喘息

咳喘息は乾いた咳が慢性的に続き、激しくなると胸痛、背部痛、嘔吐なども。鍼灸では咳喘息の肩頸背部の痛みを和らげ、自律神経のバランスを整えます。咳喘息は長引かせないことが大切です。お早めにご相談ください。

詳しくはこちら

アレルギー と 免疫

アレルギーと免疫

免疫とアレルギーは、抗原抗体反応を基として真逆の形であらわれます。膠原病や橋本病も自己抗体による自己免疫疾患です。生体を守るように働く場合が免疫、過剰な反応で生体を障害する場合がアレルギーとなります

詳しくはこちら