初めての方へ ~ からだ全体をみる鍼灸

初診時は、問診表にお身体の状態を記入していただきます。
お悩みの症状、辛い部位などお身体の状態を教えてください。

問診・触診など様々な方法でお身体の状態を十分に確認してから鍼灸をします。 再度ご来院の際には、その都度、ちょっとした身体の変調などもご遠慮なくお知らせください。

お話をうかがい・お身体を拝見してから、手・足・お腹・背中のつぼ(経穴)に鍼やお灸で働きかけます。

使用する鍼やお灸の種類はその方にあわせて、お身体の状態によっても変わります。鍼・灸ともに、ふんわりと優しく感じていただける鍼灸を心がけています。
施術の途中でも気になることがありましたら、ご遠慮なくお知らせください。

問診について

ご記入いただいた問診表に基づいてお身体の状態をおうかがいします。お悩みの症状や体調の変化や今までの経過をお知らせください。

問診では、つらい症状とは全く関係のない事を聞かれて不思議に思うかも知れません。 痛みやつらい部分が限定的でも、睡眠・食欲・月経・排便・尿などお身体全体・全身の状態についておうかがいいたします。
肩こり・頚痛、腰痛のほか、婦人科系・自律神経系の不定愁訴など、同じ症状でも体質が違えば 、鍼やお灸をおこなう経穴(ツボ)が変わります。

症状だけでは分からない身体の状態を知るために、もともとの体質や普段の生活習慣をうかがうことは鍼灸にとって大切になります。

東洋医学の身体の見方には、四診(望・聞・問・切)という考え方があります。
望(全体の様子、顔色や皮膚の状態から体調をみる)・聞(香り・においをみる – 病や薬による変調)・問(症状や経過のお話をうかがう)・切(触診 – 手足や背中・お腹に触れる、脈診 – 脈の状態をみる・舌診 – 舌の状態をみるなど)。文字通り、五感でお身体の状態を把握します。

鍼をする部位

当院では全身的な鍼灸をおこないます。肩や頸、腰などつらい部位だけでなく、手足・お腹、腰・背中の経絡(けいらく)や経穴(けいけつ・ツボ)に鍼やお灸をおこなうことで、身体が本来もっている自然治癒力を高めます。

鍼やお灸について

鍼灸治療を受けることがはじめての方は、
” 鍼はどれくらい痛いの? ”
” お灸の熱感は我慢できるのか? ”
など、不安や疑問が多いとおもいます。

鍼灸がはじめての方には、実際に使用する鍼やお灸をお見せいたします。
ご予約時にお申し出ください。

お着替えについて

お着替えをご用意しております。手足・お腹・背中を拝見させていただくため、ガードル・ストッキングなど身体を締め付ける着衣は外してください。

手足・お腹や背中が出せる楽な着衣・締め付けの少ない楽な衣服でしたら、そのままお受けいただけます。

鍼灸を受ける時は、アクセサリー類(時計・ネックレスなど)はお外しください。備え付けの小物ケースをご利用ください。お帰りの際はお忘れなく。

鍼灸のペース・期間について

鍼灸を受ける最適なペース・期間はお身体の状態によって異なります。

  •  ぎっくり腰など急性の症状は、時間をあけずに鍼灸を受けていただき早期治癒をお勧めしています。
  •  体質改善や慢性症状改善のためには、定期的な間隔で鍼灸を受けられることをお勧めしています。

当院の鍼灸