不妊鍼灸について

不妊鍼灸で授かりやすい身体づくり 

当院では不妊・不育症体質の改善の鍼灸をおこなっています。不妊症、不育症治療でクリニックへ通院されている方、 自然妊娠を望まれる方が妊娠のための『 身体づくり 』にご来院されています。女性鍼灸師が施術します。男性にはお話しづらいお悩みもご相談ください。

鍼灸では病名、検査結果にはこだわりません。身体を総合的に診るためこれまでの経過、今現在のお身体の状態を伺います。

  • できるだけ自然に近い妊娠をのぞんでいる
  • 冷え症体質、根本的な体質改善をしたい
  • 筋腫・内膜症など婦人科系の悩みがある
  • 検査結果ではなにも問題がないといわれている
  • 人工授精や体外受精を行っている
  • 排卵誘発剤の刺激に反応が少なくなってきた
  • クリニックの治療を休んで体調をととのえたい
  • いろいろな治療を試してきたけれど結果があらわれなかった

クリニックで不妊治療を受けている方は服用されているお薬や治療の経過もお知らせください。

不妊体質改善と身体つくり

不妊不育体質改善のために、身体の冷えを改善して骨盤内の血流を向上させることを重要視しています。

下半身の冷えにより骨盤内の血流が悪くなると、酸素や栄養が骨盤内の子宮や卵巣へ供給されづらくなり、生殖器本来の機能(卵子の成長・成熟、排卵、着床)そのものが低下してしまいます。

冷え症・ 鍼灸で冷え改善・骨盤内の血液循環を促進

不妊体質改善の鍼灸では、鍼とお灸で身体の深部に働きかけて骨盤内の血液循環を促進することで、婦人科系機能の安定・向上をはかります。

不妊体質の改善

女性ホルモンと自律神経の関係

自律神経と婦人科系機能は大きく関わっています。女性ホルモンは微量でも身体に大きな影響をあたえています。

ホルモンの分泌機能は自律神経によってコントロールされているため、ストレスや睡眠・食事などによって自律神経の働きが乱れると、女性ホルモンのバランスも乱れやすくなり婦人科系にも影響をあたえます。

不妊に限らず婦人科系の悩みがある方は、頑固な冷え症、お腹がかたく肩や腰の張りが強く全身の疲労が当たり前の状態になっており、身体の疲れや冷えを自覚されていない方も多いと感じます。

鍼灸でストレス症状を改善して自律神経の乱れをととのえることは、そのまま婦人科系機能の安定につながります。当院の鍼灸ではそれぞれの体質に合った鍼とお灸をおこない、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の変調を改善いたします。

  • 自律神経やホルモンバランスの働きの安定
  • 月経周期の安定
  • 基礎体温の二層性がはっきりと区別できるようになる
  • 高温期の基礎体温の上昇

婦人科系の機能を正常な働きに近づけることによって女性ホルモンのバランス、子宮内膜の改善、排卵誘発剤で低下した卵巣機能の回復など、身体が本来もっている生殖機能を引き出し、妊娠しやすい体質へのサポートをします。

不妊症 東洋医学の観点

鍼灸・東洋医学では、一つ一つの器官を個別にみるのではなく、人間をひとつの大きな全体として捉えます。

神経、内臓、筋肉は個々に勝手に働いているわけではなく、お互いに連携しあってはじめて大きな一つのシステムとして働いているため、冷え症や月経痛ひとつをとっても様々な要因が絡みあって引き起こされていると考えています。

鍼灸で身体に働きかけて骨盤内の血流循環を促進、子宮・卵巣の状態をととのえて胎児がすこやかに育つ環境をととのえます。

東洋医学的に妊娠準備がととっている子宮の状態とは、暖かく柔らかな子宮に気血がスムーズに流れて、栄養が十分にいきわたっている状態です。

鍼灸・東洋医学的な観点から妊娠しにくい身体の状態を診てみると、気虚・血虚などエネルギーの不足、気滞・水滯など様々な滞り、痰飮・お血など、様々な要因が重なり身体そのもののバランスが乱れている状態です。

陰陽・五行の考え方を基にして、今の身体のバランスがどのような状態か診て鍼灸をおこないます。そのため同じ症状でも方針や使うツボは一人ひとり異なります。

不妊・不育体質改善の鍼灸では、冷え体質や月経だけでなく、自律神経やホルモンバランスの乱れから生じるはっきりしない様々な症状も全て含めて考慮し、身体に働きかけることが大切になります。

鍼灸では個別の症状や局所的な改善ではなく、体質そのものへアプローチを重ねることで身体が本来持っている力を引き出します。

不妊症、不育症など、いろいろな検査をしても原因が分からない時こそ、身体全体を診て働きかけをする鍼灸にご相談ください。

不妊鍼灸を受ける頻度と期間の目安

不妊・不育体質の改善・妊娠のための身体づくりは、週1-2回の鍼灸を目安にお考えください。採卵前、移植前、移植日、着床日等の大切な時期は、できるだけ合わせて鍼灸を受けられることをおすすめしております。

期間はそれぞれの身体の状態によって異なります。

  • 不妊不育の体質改善・子宮・卵巣環境の改善  3か月~6か月
  • 卵子の成長・成熟を促す・卵子の質の改善   6か月~12か月

卵子は卵巣内で6か月~12か月という時間をかけて成長・成熟し、排卵のための準備をしています。 3か月、6か月を一つの単位としてご自身のお身体の変化を感じてください。

関連記事

数回の鍼灸で身体に変化があらわれる方もいらっしゃいますが、月経周期やホルモンバランスが乱れがち、ストレス、婦人科疾患を抱えている方はお身体を立て直すための時間が必要となります。

冷えを感じにくくなった、月経前後のイライラ感やストレス症状が少なくなったなどお身体の変化を感じ始めてから時間差の後に、排卵や月経に関わる変化を実感される方が多いと感じています。

採卵・移植前後の鍼灸について

採卵前、移植前、移植後の鍼灸は、クリニックのスケジュールをお知らせいただいた上で調整させていただきます。クリニックの考え方によって、検査や通院の頻度、待ち時間も異なります。

それぞれに合わせた最適な日程調整をさせていただきます。


『着床をうながす鍼灸をお願いします』という当日のリクエストもございますが、単発的な鍼灸よりも、しっかり『身体づくり』のベースの上で移植日前後に鍼灸を受けられることをおすすめしています。

鍼灸自体、初めての時には緊張される方が多いです。移植前後の時間になによりも大切なのはリラックスして過ごすこと。過度な緊張やストレスは自律神経の安定にNGです。初めての鍼灸に緊張するよりもご自宅でゆっくり過ごしていただく方が良いとお伝えしております。

もちろん、諸事情により当院で事前に鍼灸を受けることがむずかしいけれども、移植前後の鍼灸をご希望される方はご予約時にお申し出ください。

不妊体質改善のセルフケア

不妊体質改善のための食事・睡眠などセルフケアのアドバイスをしております。食事の改善、ストレッチ運動、お灸で冷え対策は体質改善の後押しになります。

自宅でおこなうお灸も推奨しています。お灸の方法やお身体に合ったツボ選びのアドバイスを希望される方はご予約時にお申し出ください。

着床後の鍼灸

着床後、安定期に入るまでお身体はデリケートな状態が続きます。お身体が安定するまでの時期には、初期流産予防に12-16週頃までの鍼灸を推奨いたします。

妊娠時期の鍼灸について

妊娠期間をより良い状態で過ごせるサポートをしています。妊娠中の母体と胎児は密接に関わっているため、お身体をととのえる鍼とお灸の継続をおすすめしております。

妊娠中 ~ 出産までの期間に身体を整えることは、胎児のすこやかな成長にも良い影響を与えます。つわり、逆子のお灸、安産灸だけでなく、全身倦怠感、腰痛、脚のつり、痔、風邪の鍼灸もおこなっております。