顎関節症(歯ぎしり・喰いしばり)

顎関節症とくいしばり

顎関節症の方は、睡眠中に歯ぎしりや喰いしばりの習慣があったり、歯の噛み合わせの悪さから肩こりや偏頭痛が慢性的になっている方がとても多いです。

睡眠中、無意識に歯を噛みしめて喰いしばってしまう方、歯ぎしりやいびきが強い方は、起床時に肩・頚や側頭部に重だるさや痛みを感じるケースが多く、 睡眠で疲れがとれないため顎周りの痛みや肩から首の痛み・頭痛・側頭部痛、 口の開閉の不具合が慢性的になりがちです。

睡眠中以外にも、デスクワークの仕事中など無意識に力をいれて喰いしばっているケースも多いですね。

どちらも顎周りの筋肉の緊張が強くゆるむ時間がないため、口が開きづらくなったり顎関節の痛み、口を動かすたびにカクカク音がすることあります。 口周り、頬や目の周りの痛みや筋肉の緊張を訴える方も多いです。

歯ぎしりや喰いしばりに悩む方は、気になることはトコトン考える、エネルギッシュに行動するなど活動的な反面、一生懸命になりすぎて寝ている間もいろいろと考えてしまう方が多いようです。日常的にストレスを強く感じている方も多く、睡眠が浅くよく目が覚める、夢を良くみる傾向があります。

睡眠中も常に身体に力が入っているため、 口の周りや側頭部(頭の横の筋肉、耳の周り)の緊張が強く寝ても寝た気がしない、睡眠時間をとっても疲れがとれません。この状態が続くと昼間も頭がスッキリせず活動性の低下につながります。

歯ぎしりや喰いしばりを放置すると顎関節症だけでなく、噛みしめにより歯が削れて顎の骨格が変わってしまいます。

歯ぎしり、喰いしばり、いびきで肩こり頭痛に思い当たる場合、顔や頭の周りの緊張をこまめにほどいてあげることが大切です。

顎関節症への鍼灸

頭や頚、顔周りの筋肉の緊張をほどくことは鍼灸の得意分野です。 鍼は筋肉の深い部分にアプローチできるため、緊張し続けている顔・顎まわりの咀嚼筋、こめかみや喉周りの筋肉をゆるめて顎間接の痛みや側頭部痛を緩和します。

表面ではなく深い部分に働きかけてゆるめるため、施術後は頭がスッキリして視界がクリアになります。 慢性的な肩こりや頭痛が楽になるので驚かれる方も多いのですが、そもそもの原因が噛みしめや喰いしばりが元の場合、痛みの部位よりも顔周りの筋肉をゆるめる必要があります。

かみ合わせの悪さ、歯ぎしりや喰いしばり癖のある方は、顔鍼・頭皮鍼で頭や顔・頚周りの筋肉の緊張を集中的にゆるめる鍼灸ケアをおすすめいたします。

最近は顔への鍼というと美容鍼をイメージされる方が多いのですが、顔の筋肉をゆるめ血流を良くして美容効果を高めるのが美容鍼。 求める結果が異なるだけで外からアプローチしづらい深部の筋肉をしっかりゆるめるという点では同一です。そのため、顎関節症や慢性的な肩こり・頭痛にお悩みの方には顔や頭皮への鍼を推奨しています。

また、噛み合わせが悪い場合には歯科受診もおすすめです。マウスピースを作ってもらい、睡眠時に装着することで歯ぎしりや喰いしばりが緩和、肩こりや頭痛が軽減するケースも多くあります。

セルフケアとしては、入浴時や睡眠前のマッサージで頭や顔周りの緊張をほぐすこともおすすめします。舌を上下左右に動かして顔周りの筋肉をストレッチする『 小顔系のエクササイズ 』も、歯ぎしり、歯のくいしばり、いびき + 肩こり・頭痛にお悩みの方には有効です。